Report 高齢社会の住宅市場

サービス付き高齢者向け住宅の政策に関する
国土交通省との意見交換

国土交通省住宅局安心居住推進課長 石坂聡
 住宅生産団体連合会・成熟社会研究会から2018年度にむけた高齢者住宅に関する提言を伝え、国土交通省住宅局安心居住推進課との意見交換を行った。
 また石坂聡安心居住推進課長から、近年の高齢者住宅や高齢者の居住に関する最新動向として、住宅セーフティネット法の改正、サービス付き高齢者向け住宅の展開、日本と北欧の政策視点の違い等について話題提供をしてもらい、成熟社会研究会メンバー等と活発な意見交換を行った。介護分野の人材が払底するなか、IOTの活用や、高齢者住宅のマーケット拡大に向けた規制緩和等が肝要との意見が交わされた。
PDFで読む  発表用ppt  より詳しくは »

パネルディスカッション2018
成熟社会の住宅市場とハウスメーカーの取り組み

 成熟社会研究会は、10余年にわたって高齢社会と住まいとの関係について様々な活動を行ってきました。
 今回は成熟社会研究会のこれまでの歩みを振り返りつつ、現在の郊外住宅地の超高齢化の進展や高齢者のライフスタイルや価値観の変化に対してハウスメーカー等がどのような切り口で取り組むべきかについて、多角的にディスカッションする場を設けました。
 下記のパネリストから話題提供をしてもらい、活発な議論が行われました。そのエッセンスをお届けします。
<パネリスト>
・郊外住宅地の超高齢化と再生の可能性
 吉武俊一郎氏((株) 吉武都市総合研究所)
・民間企業と地域包括ケアとの関係
 岸 英恵氏(セキスイオアシス (株))→プレゼンテーションスライド
・エンドユーザーのシニアは何を求めているのか
 平山 良平氏(元成熟社会研究会座長)→プレゼンテーションスライド
<パネルディスカッション>
・ファシリテーター
 園田眞理子(明治大学理工学部教授)
・討論者
 上記3名のパネリスト+石坂 聡氏(国土交通省住宅局課長)
PDFで読む  より詳しくは »

高齢者住宅関連を含めて来年度の状況等について

国土交通省住宅局安心居住推進課長 多田治樹
 次の大きな政策課題としては、心身機能が低下した場合の住まいの問題がある。また、高齢期の居場所が不明確なことも大きな不安要因になっている。
 国土交通省では、サービス付き高齢者向け住宅に関する実態把握を行い、2019年度の税制・予算で調査結果をふまえた対応をする予定である。
 一方、2017年10月に施行された新たな住宅セーフティネット制度の展開を重視しており、市町村レベルでの居住支援協議会の設立や居住支援法人を増やしていきたい。
 その他に、「高齢期の健康で快適な暮らしのための住宅改修ガイドライン」を策定し公表した。また、スマートウェルネス住宅等推進事業も積極的に進めることを予定している。
PDFで読む  より詳しくは »

20世紀の不都合な真実と、その打開策
−住宅ローン債務のくびきからの解放−

明治大学理工学部教授 園田眞理子
 シニアの住宅マーケットがなかなか動かない背景について、住宅ローンの返済負荷と資産デフレについての分析をしつつ、一般社団法人移住・住みかえ支援機構 (JTI) による問題解決の方法が提示された。東京の住宅市場の近景高経年の郊外住宅地の経済的ポテンシャルについて解説し、シニアマーケットがなぜ活性化しないのかについて、シニア層の住宅ローンの返済負荷と資産デフレの視点から綿密なデータに基づいて解説している。
 そうした状況について、JTIは、シニア向けには、1) 資産の流動化と住宅運用の選択肢の見える化と、2) 過重債務からの解放を行い、ヤングファミリー向けには、3) ノンリコース的なローンの提供を行っている。
 これにより、高経年の郊外住宅地での新たなビジネスの可能性が高まっており、新しいフロンティアが開けている。
PDFで読む  より詳しくは »

郊外住宅地の復興 −街を元気に−

明治大学理工学部教授 園田眞理子
 少子高齢化が進む住宅市場に光明はないのかといえば、全くそうではない。一つは、年齢層の高いところに大きなボリュームゾーンが存在している。75歳の誕生日を迎える人は、今後十数年間は増え続ける。もう一つは、共働き世帯の増加である。経済状況が厳しくなった時、人々はどう対処するか。「家族総働き」が最も合理的な解決策である。
 こうした「老いのマーケット」と「働き育み生活する若年者のマーケット」を両睨みするとき、俄然、注目しなければならないのが、「郊外住宅地」という、多少古くて、そして新しい存在である。今、高齢化の進展が激しいのは都市の郊外である。一方、子育てにとって、郊外の魅力は捨て難い。子供は広々としたところで、伸び伸びと育てたい。
 だから、郊外を、郊外住宅地を、元気に、より魅力的にできないか。それについて考えてみよう。
より詳しくは »